Archive for 7月, 2014

「この方法はよくないんだけど・・」

7月 19

「この方法はよくないんだけど・・」と思いながら「毛抜き」でワキなどの脱毛をしていませんか?
生えている毛もそんなに多くないから、エステやクリニックに行く時間とお金がもったいない。と自分に言い訳しながらこつこつ自己処理に励んでいる人もいると思います。

と言っても毛抜き処理の場合は1本1本抜かなくてはならないので、少ない毛でもかなりの時間がかかります。毛が切れてしまうと埋没毛になったりチクチクしたりして肌が荒れる原因となります。またワキの場合見えにくく、作業がしにくいです。痛みも伴います。

どうしても毛抜きで処理するときは、皮膚を温めて毛穴を広げてから行うとスムーズにできます。抜くときは必ず生えている方向へ抜くことが大切です、反対方向へ引っ張ると切れてしまい埋没毛となって黒ずむ原因になります。また、汗をかいたいりした後の処理は必ず清潔にしてから行ってください。入浴中の毛抜きも毛穴から細菌が侵入する可能性があるので、避けましょう。

ワキの黒ずみやくすみは、その多くが間違った脱毛の自己処理のせいだと言われます。特にカミソリでの処理は黒ずみになりやすいと思われます。

カミソリでのムダ毛処理は1~2分で済んでしまいますし、お風呂でも旅先でもできてしまうので、化粧ポーチの必需品という女性もいるほどです。
確かにお金もかかりませんし、誰にも見られることもなく手軽に早く効果をあげることができます。

その反面デメリットも多く、こうした一時的なムダ毛処理を続けると、肌にダメージが蓄積されます。
汗で肌が汚れているときや、乾燥肌になっているとき、また体調が悪くお化粧の乗りも悪いような時は、肌も敏感になっています。そんなときにカミソリでのムダ毛処理を行うと、カミソリ負けや乾燥、雑菌による炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性があります。
カミソリでのワキのムダ毛処理は、出来る限り避けるようにしましょう。